ネコノヒゲ1
ネコノヒゲ2



なかなか咲いてくれなかった花が先日開花しました。
名前は「ネコノヒゲ」

名前の由来は
長くのびる雄しべが
猫の髭に似ているということから来たそうです。
画像の花は白ですが
他にも淡桃色の花を咲かせる品種もあるようです。

原産地は
インドから東南アジアでシソ科の多年草に属しています。
暑さには強いのですが
耐寒性が弱い植物ということもあり
一年草として扱われている場合があるようです。
冬を越す場合は
10度以上の気温が必要となってきますので、
寒い地域だと室内での管理がいいかもしれません。
日本では主に沖縄で栽培されています。

薬草としても利用されているようで
「クミスクチン茶」
という名前で健康茶としても売られています。
(マレー語で クミス=ひげ・クチン=猫)
健康茶ということもあり興味があります。
一度試してみたいと思います。